2007年10月29日

ブッチョの脱走1


ブッチョの脱走(1)
以前、さゆりと云う天才と云うか、悪魔と云うかとんでもない
脱走犬が当家にいた。
さゆり1さゆり2

ブルドッグのくせしてジャンプ力抜群で、1メーター30以下
のドア飛び越えて逃げだして、台所に潜入し食料品漁りまくっ
た、犬並はずれた能力の持ち主。

フライパンに残ってた天ぷら用の油全部なめまくって、何とも
ないと云う、化け猫みたいな事が出来る、れっきとしたブルド
ッグなのである。
もう今はいないので、あったというべきである。

首輪抜けも抜群で、そのつど首輪の止め位置、きつくなり、そ
のままでも首しまった状態になり首輪ダブルでする始末。
その時まで知らなかったが、首輪のダブルは、どんな犬といえ
ど先ず外しえない。

彼女の特技、前足の力。
なまじの扉や、ふすまあける力だけでなく、頭も使って冷蔵庫
ですら開けてしまう。
勿論意味あっての事で、冷蔵庫の中身がお目当てなのである。

彼女も9歳前にして、腰を痛めてあえない最期を遂げるのだが
、ブッチョどうもさゆりの再来としか思えないのである。
ゆり母さんがこちらに来る経緯といい、きてすぐ、子を生むよ
うになる。

イギリスチャンピオンの子の若いオスブルをもっているブリー
ダーさん見つけて種付けしたのだが、費用もあって子返しする
ことに。
ブリーダーさんの狙い最初から、メスで並みはずれて元気で大
きかったブッチョに目をつけていたのは確かで此方もそう覚悟
していたのである。

それがいよいよわたす段になって、そのころ急に顔の整いだし
た、もう一匹の子ブルに目が行って、迷いに迷って、ブッチョ
最後の最後に、居残りが決まったものなのである。

その当時、ブッチョの名を太田房江と名付けていたが、なんと
なしに将来の大物彷彿させていただけに、ブリーダーの心変わ
りしたのが不思議で、無難を狙ったのであろう。

体の大きさと云い、悪じえのはたらし方と云いブッチョの方が
さゆりに比べても、未だ恐ろしい素質がありそうなのである。

それに比べてチビヤス、体つきも小さく心臓も悪そうで、置い
とくべくして置くようになったが、それでも食事は親と同じだ
け食べる。
もっともブッチョは親の3割ほど多くしているが、それでも満
足している訳ではなさそうである。


家の道路に面した部分、ブル共外に逃げ出せないよう、獣害防
止用のネットを張り巡らしてある。
ネット1ネット2

最初の脱走は、矢張りと云うかブッチョ。

夕刊配達人追いかけて、ネットのすそから外に転がり出てたの
である。

一緒に逃げだしたゆり母さんすぐ御用となったが、ブッチョ逃
げ回って捕まえられない。
日頃逃げ回る訓練積んでるだけにゆり母さんなんぞと比較にな
らないのである。

やっとの事で捕まえはしたが、ブル離れした脚力で走り回って
流石に捕まった時は、かたで息をしているのだが、回復力も並
ではない。

ゆり母さん、当分ハアハアと肩で息するの納まらないが、はる
かに走り回ったブッチョがさっさと納まって平気な顔して次何
をしようか、考えている。

矢張り、さゆりの再来と思わずにはいられない。

ブッチョから心変わりした、ブリーダーさんの残念がる様な育
ち方して欲しいと思うんだが、こればかりはブッチョ次第であ
る。

これからどんな事しでかしながら育つか、心配でもあり楽しみ
でもある。

本人(犬)いっかな気にするふうもなく、我が道を行くのであ
る。

ニックネーム がくさん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(4) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

南紀すさみの10月、ブッチョと藻屑ガニ

藻屑ガニ漁開始

俺の名はブッチョ。
正式にはふさえちゃんとか太田房江って云うの。
ほんとメスだから私かあたいが良いのかも知れないけどや
っぱりオレ。
ブッチョ
生理あったから本とにメスさ。
7か月の子ブルであったから皆驚いてたサ、やっぱり並みの
子ブルじゃ無いって。

そろそろ今年も藻屑ガニ獲る季節がやってきたってご主人張
りきってる。
地元ではすでに9月の中頃には始まっていたようなノ。
餌にするアラ、アジをつかっているの、去年ほど今年は釣
りに行かなかったから、
カニ用のアラ出来なくて、ご主人藻屑ガニ漁行けなかった
らしいンダ。 


藻屑ガニ、上海ガニほど美味しいか分らない上、値段張る
訳でもない。
なんせ上海ガニの親類筋に当たるので茹でるだけで結構い
けるし、大阪生まれのご主人まず珍しさが先に立つ見たい
で目の色変わってるサ。

日ごろトレトレの魚以外あまり贅沢してないから、皿に山
盛りに積み上げたカニを食べるのは、一寸した贅沢な筈
サ。

でも俺たちワンコはエビやカニ食ったらダメって本に書く
馬鹿いるもんだから、ご主人それほどでないけどママさん
頑として食わせてくれない。
沢山捕れたら、人におすそわけするのにサ。

去年使ったカニ篭相当痛んでいるので、ご主人、取り敢え
ず2つほど新しいの買ってきた。
カニ篭1

先日、カニ篭仕掛ける川見に行ってきたら、カニの通り道
に良さそうな所すでに仕掛けが仕掛けられているらしいん
ダ。

藻屑ガニ秋に繁殖のため海に帰るので上流から下ってくる
ノ。
それを狙ってカニ篭仕掛けるから、うまく通り道に合えば
、どっさり入ってくれるらしいんダ。。

去年1番多い時、37匹だって、大体4・5匹入っていたらご主
人良しと云うらしい。


釣りのように、自称先生沢山いて分らんこと教えて貰いな
がら覚えてじゃないから
カニ篭の標準的成績はわからぬとご主人嘯いてるんダ。。

しかし今年去年ほど釣りに行ってないし行っても去年ほど
釣れてくれないので、これから波止釣りの回数増やさなけ
れば行けなくなってご主人ソワソワ。。

釣れないと云っても夫婦2人分と、ドッグフーヅがメインの
俺たちワンコの少々追加でいる程度だから、そう苦労はし
ない筈サ。
アジ1アジ2

でもカニ篭に仕掛ける分のアラ考えると少々足りないらし
いんダ。
子アジで15から20匹。

だからカニ食べるとなると、釣りたての小アジも多めに食
べることになるから、
本とはこれも少々の贅沢サ。
カニは頑として貰えないが、魚は少々食べれるんダ。
ホント、トレトレの魚一度食ったら病みつきになるサ。

カニ篭仕掛けたところ、流れの曲がり鼻で、非常に水のき
れいな所で、緋鯉も4・5匹悠然と泳いでいる。
余り大きいから見ても食欲わかないんダ。
仕掛け場所緋鯉
捕獲って云えば積極的に何らかの方法で獲りに行くけど、
只カニの通り道に、カニ篭仕掛けておくだけだから大した
ことないサ。


餌だけ入れて、後はほったらかしで、繁殖のために海をめ
ざす、藻屑ガニの通り道に仕掛けた事を信じるだけだって
サ。


昨日仕掛け入れた場所でカニ篭ひきあげて見たんダ。
カニ篭2

今回なんと大小取り混ぜて22匹も入っており、運良くカニ
の通り道に仕掛けられたみたいサ。

ご主人急いて回収しようとして親指カニのハサミに挟まれ
て名誉の負傷、血がでている。

砂浜に居るスガニと大違い。

一つめで大漁、二つ目、収穫ゼロ。

何はともあれ初日から良い捕獲漁で、これからも期待でき
そうでご主人ご機嫌サ。
泥吐きださす為、タライの中に入れておいた奴、ガサゴソ
ガサゴソ忙しく動き回ってるの見てたら、ホントあきない
んダ。
タライのカニブッチョとカニ
2日目も、昨日0の方4匹、22匹の方まったく偶然、22匹と計
26匹も入っててご主人ニコニコ顔。

昨日の分泥吐かせておいたので早速塩茹で。
赤く茹であがったカニどもにお目にかかることになったが
、矢張り初物は格別って夫婦で食べながら、俺たちには、
カニくれずにウインナーで胡麻かすんダ。
茹でガニ茹でガニ2
ここ当分贅沢続きそうでイイナァー。。

ブッチョメスオスの見分け方教えて貰ったんダ。
それはね、おなかの方むけて、左がメス、右がオス、
違い分かる?
メスガニオスガニ
尚3日目も片側だけで28匹、もう一つゼロ。


ニックネーム がくさん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(8) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

熊野古道南紀すさみの田舎暮らし、美味しい水と温泉

熊野古道南紀すさみの田舎暮らし、美味しい水

今日外に出たいから滅茶苦茶吠えまくったら、ご主人仕方なし
に美味しい水と温泉汲みに行くのに連れて行ってくれることに
なったノ。
あたしが吠えたから行けたのに、何にもしないチビヤス一緒に
行けるなんて不公平と云うもんヨ。

ご主人によると、
美味しい水とは、町はずれの佐本に行く途中、曲利の集落の方
にすこし戻った旧道の道傍に湧水塩ビのパイプで引いてあるら
しいワ。

水汲み場

水の出口見てる分には、山肌からパイプでてるだけで、そこか
ら水が出てるだけで、湧水か川からひいてあるのか判断付かな
いノ。

水量、そう多くはないが、川の水量減ってるときでも変わらず
出てるようだから、まぎれもなく湧水であるらしいノ。

車1台しか通れない道で、旧道しかない時は佐本や古座川も抜
ける本道で、当時の苦労がしのばれるそうヨ。

トンネルもでき、広くなった新道が出来て随分便利になったが
やはりもっと奥行ったところでは、すれちがいできないみちに
戻るノ。

むしろ佐本の近くの道の方がかえって広くて舗装も良い。
なんか変なの、統一できていないノ。

先日、ご主人高野山から、山道よって帰ってきたら、道の良い
ところ悪いところが交互に出て来るんだが、たまにどうしてこ
この道こんなに良いの?って疑問湧くところがあったりしたが、
きょうのTVで農水省の補助金政策のいい加減さ突いてたが納
得。
国土交通省とばかり思っていたが、林道なんかは農水省の管轄
なんだって。

ブッチョ、頭弱いからこんな話ご主人,任せといて

久方ぶりに車乗せて貰って滅茶苦茶はしゃぎ回って、開いてる
窓ガラスにつかまって身乗り出してたワ。

チビヤス大人しく座席ですわってるから外の景色見れないから
一々聞いてきて面倒なノ。

ブッチョ、小規模な土砂崩れの後カタズケできてない石に乗り
上げたりして車揺れるの面白いから、チビヤスの面倒まで見て
られないワ。

水汲み場に着いて、ブッチョもチビヤスも降ろしてもらったか
ら、早速その水飲んでみたら、取っても冷たくって、チビヤス
なんか、ブッチョ押しのけて飲もうとして、中々空けてくれな
いから無理に割り込もうとしたらチビスケのくせに威嚇してく
るノ。

子ブル

だからあたしが飲めたのチビヤス、腹一杯飲んだ後なノ。

そこ、日陰で涼しいから、チビヤスと遊び回ってたら、そのう
ちポリタンクに一杯汲めたらしくて、ご主人帰ろうって云いだ
したワ。

子ブル2

二匹で逃げたけど、チビヤス逃げ足速くないからすぐ捕まって
車にいれられたノ。

あたしは、元々すばしこい上に、今までいっぱい追いかけられ
て学習してるから、そうそう簡単には捕まらないワ。
ご主人、汗かきながら追いかけて、捕まえようとしたけど、そ
うは行くかと逃げ回ってたけど、最後はやっぱり捕まったノ。

ずるいんだ、餌で食べてる、チョイスの粒播かれて、食べに寄
ったとこ捕まったノ。

本と人間てずるがしこいワ。

この後町に戻って、温泉でてるとこ、福祉センターの前。

ご主人、ポリタンク降ろして温泉汲み出したノ。

温泉

正しくは湯温23度だから冷泉の部類って言ってたわ。
福祉センター内に、イノブタ温泉なるものがあって、200円
で温泉に入れてくれるんだって
ブッチョもチビヤスもいくら可愛くても犬は犬だから入れない
んだって。
70才すぎると100円になるそうヨ。
冷泉でなく、初めから熱い湯が沸いてたら、燃料費かからない
から、70歳以上只なんてこと出来たかもネ。

家では夏の間、汲んで来た冷泉、庭で日光浴させて温度上げて
使うから燃料費只だって。
今でも源泉100%の温泉に入れてママさんウハウハなの。

さっきの水汲み場で懲りたかして、ご主人ブッチョ降ろしても
らえないノ。
ご主人も学習したみたい。

中々捕まえにくいどころか、山中だから他の車気にしなくて良
かったが、町ではそうもいかない。
いつ何時車が来るとも限らない。
ブッチョ、チビヤスと違って車追いかける癖があって、知らな
い車平気で追いかける。
目の前で轢かれるなんて光景みたくもないので絶対下さないっ
て。

それで降ろして遊ばせてって大きく吠えたてたけど、チビヤス
下して貰えたけどあたし降ろして貰えなかったノ。

いくら吠えても、いつもなら根負けしてくれるのに、今日は、
絶対下して貰えなかったノ、ブッチョ悲劇の主人公


  


ニックネーム がくさん at 14:11| Comment(0) | TrackBack(4) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

わんぱくブッチョの初海水浴

南紀スサミノ海水浴DSC02762.JPG南紀すさみの海水浴3南紀すさみの夕日2南紀すさみの8月、ブッチョの冒険・初海水浴


いつもなら夕方の散歩ゆりチャン行ったあとあいチャンだけ。
でも今日ブッチョも一緒に行くことになったノ。


昨日いつも浜であうエルザ、海でスイスイ泳いでいたのであい
チャンけしかけて泳がそうとしてみたい。
浪打際まで行ってもあいチャンそれ以上は行かなかったノ。


それで今日、向こう見ずのふさえことブッチョ連れて行けば、
ひょっとしたら違う展開になるかもしれ無いと、ご主人ブッチ
ョ一緒に。


どんな犬だって平気で追いかけまわす、ブッチョのお陰でエル
ザを加えて3匹で走り回ったり、引きずり回したりと賑やか。


エルザ泳ぎ出したら、おいてけぼり食って、あいチャンもブッ
チョも浪打際に座ってたワ。

そのうちすこしづつ水のなかに
あいチャンいつも砂浴びするの、今日は海水のある浅瀬で
それをしだしたらご主人驚いてたノ。。

海水混じりの砂だらけで、ほんとひどい顔似なったってブッチ
ョまで笑ってるの。

今日は昨日に比べて、波が少々大きくて、なれないから少々ハ
ンディダワ。

一旦砂浜に上がっていたエルザが、海に飛び込んでいく後を追
いかけていたブッチョ。そのまま海に勢いよく飛び込んでしま
ったノ。

そのまま足の立たないとこまで走り込んでしまったワ。

ご主人溺れそうなら飛びこんで助けねばと思って用意しながら
見守ったら、ブッチョ何とか泳ぎついてくれたのでホッとして
たみたい。

でも折角初泳ぎしたのに、とてもじゃ無いがカメラ取るどころ
じゃ無かったってご主人ぼやいてたワ。

本人(本犬?)吃驚したからか、その後水の中に入ろうとしな
かった。
懲り懲りして当分入れないと思うワ。
でもその後もエルザとはふざけていたから、案外ケロッとして
るのかも知れないかもネ。

ブッチョもあいチャンも、帰ってから行水たっぷりさせられた
ノ。

ご主人夕日綺麗かったって云ってたけどあいチャンそれどころ
じゃ無かったから気がつかなかったワ。

ニックネーム がくさん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(7) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

あいちゃんの砂遊び

あいチャン、もともと砂浜大好きだったノ。

今、朝昼夕方3回行ってるノ。
前ボール拾い面白かったけど。今暑いからあまり面白くないワ。
アイチャン汗かけないもんネ。

でもあいチャンの舌、今までのブルの中で一番大きいんだって。
だからゆりチャンよりは、暑さ平気。

お昼の散歩のとき、雨ザーザー降ってたのあがったとこで
いつもみたいに暑くなかって、それで砂浜跳ね回っていたら、
足とられて顔から砂につこんでしまったノ。

それで体ひっくり返って砂塗れ。

でもそれってとっても面白かったから、あいチャン喜んで
転げまわったら、ご主人砂遊び1砂遊び2砂遊び3砂遊び4吃驚してたワ。

あいチャン気が違ったのかと心配したノ。
ほんとはめちゃくちゃ面白いのに、ご主人も一緒にすれば
いいのにネ。

ニックネーム がくさん at 08:55| Comment(0) | TrackBack(9) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

わんぱくふーチャンの大冒険



あいチャン今日面白いもん見たノ。

わんぱくふーチャンに追いかけまわされ
て辟易したゆり母さん。
ご主人のベッドに今日初めて、やっとこ
さとびのって、避難を決め込んだノ。

あいチャンはゆり母さんに比べて身が軽
いのでよくベッドに乗って遊んでいた
ワ。

ゆりチャン上がるの初めて。

ふーチャン1

ふーチャン2

いつも飛び上がりかけては、太りすぎの
体に、短い足が邪魔してベッドに上がれ
なかったノ。

余程ふーチャンに攻めまくられて閉口した
らしいワ。

ところが、ところが!!!

ゆり母さん追いかけてきたふーチャン。
必死で飛び上がり始めて、中々上がれず
、ゆり母さん安心して寝っ転がっていた
ら、

ふーチャン3

ナント!!わんぱくふーチャン、ついに
飛び上がってしまった。

ゆりチャン長いこと出来なかったの、ふー
チャン凄い運動神経。

ゆり母さん、ふーチャン悪魔に見えたかも
しれなくてヨ。

ふーチャン4

ふーチャン5

わんぱくふーチャン、将来楽しみ!!!

でもあいチャン、ふーチャンのお守りい
やヨ。

とっても疲れるもん。

ニックネーム がくさん at 10:49| Comment(0) | TrackBack(5) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ふーチャンの天然名水、富田の水

天然名水、富田の水

富田の水って知ってます?
ふーチャン水飲んだこと書くワ。

ふーチャンまだ小さいから知らない言葉多
いから、ご主人の又聞き。

こちらに来て初めて知ったんですが、すさ
みの水だって結構いけるんで今まで飲んだ
ことなかったんです。

それにすさみの温泉って云うより冷泉、ご
飯炊いたりコーヒー沸かしたり、煮炊きも
んに使えて、風呂に入るのだけが用途じゃ
なかったので、富田の水まで手が回らなか
ったのが実情。

たまたまホームセンターでポリタンク買っ
て乗っけてた時に、富田の水への標識見つ
けて、汲みに行く気になったんです。

42号線から2.5キロほど行ったきれいな小
川沿いにありました。

風景1
風景2

地下290メートルから汲み上げていていて
10リッター100円。

水くみ場1
参加者2

椿の温泉100リッター100円。
ちなみにすさみの温泉汲むのタダ。

でもミネラルウオーター1リッター200や300
円考えたら安いのか。

実際に20リッター容器つきで2本では送料と
もで3000円ほどしてるようだから容器持っ
て汲みに行くとべらぼうに安くつく。

でも水より温泉の方が安いって複雑な感じ。

但し今まで我が家では、料理やコーヒーに
温泉使っていたけど、目下すべて富田の水
にいれかわり。

モンドセレクションって云う外国の賞、そ
れも5年連続金賞というのに、すさみの水
道水よりまずかったらシャレにならない。
ってご主人の言葉。

ふーチャンすさみの水道水と富田の水入れ
たノと二つ容器目の前に置かれたノ。
勿論、富田の水しか飲まなかったから、こ
んな小さい子ブルでもわかるんだって不思
議がってたワ。

でもそれってよほど子ブル馬鹿にしてるっ
て思わない?
ふーチャン、美味しいもんはやっぱり美味
しいんだからネ。

ニックネーム がくさん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

あいチャンのほんまもん体験講演会


あいチャンのほんまもん体験講演会

アイチャン会場入れてもらえなかったから
代わりにご主人に書いてもらったノ。

講師1

講師4

紀南でほんまもん体験のNPOたちあげ
お金を払って体験したい人年間20万人も、
和歌山に呼び込んでる刀禰氏が講師。

最近選挙で通ったばかりの町長も参加。

参加者1

参加者2

商工会の集まりとしては頑張って人集め出
来たように思うが、漁協の関係者の参加少
なかったらしい。

以前は、こんな遠いところまで来てくれて
るのにお金取るなんてという感じだったも
のが、お金もらって体験交流だから180度転
換。

是非とも、すさみの川で、エビやカニ、ウ
ナギ取り、また山で山菜とりなどやればと
思う。

それに釣りやダイビングなどの体験じゃな
く、素潜りでヤスで魚を突くなんてやって
くれたら最高と思う。

紀伊半島、貝やエビだけでなく魚を突くの
も御法度。

でも魚釣るのかまわないがヤスで突くのだ
めなんてオカシイト思いませんか?

スキューバで水中銃までやると資源に影響
って言われそうだが。

でも現実に、漁ではいまだに底引きや巻き
網でごっそり取りまくって、自分で自分の
首絞めて、魚が減った魚が減ったの大合唱

おまけに磯焼けで海藻さっぱり。

我々開発中の藻の付きやすい漁礁作って海
に沈めるの、ほんまもん体験でやってくれ
ないかって思う。

それまでにあいチャン潜って魚くわえれる
ように水泳ご主人に教えてもらわないと。

あいちゃん魚潜って取っても違反て云うか
しら。

ニックネーム がくさん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(5) | 田舎暮し情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

チビちゃんのエリマキブルドッグ


チビブルのエリマキブルドッグ

チビちゃんね、この前から目に出来物出来
てとっても見にくかったの。

チェリーアイっていうんだって。

DSC01166.JPG

チェリーアイ2

しばらくしても治らないのでペットクリニ
ックに連れて行かれたの。
35キロも離れたとこヨ。

それで手術することなって、こんな小さい
体に注射2本もうたれてしまったノ。

本と可哀そう。

赤いのとってもらって見えやすくなったけ
どこれからの方が大変なんて思いんしなか
ったワ。

チビちゃんのお手手が目に触らないように
大きな傘みたいなのつけられてしまったワ。

エリマキ1

ご主人エリマキトカゲみたいって。
チビちゃんトカゲじゃないから襟巻ブルド
ッグネ。

でもお水飲むのも食べるのも大変。

ネルのもっと大変。

エリマキ2

これ2週間付けるんだって。
拷問だワ。
チビちゃんきっと不幸な星の下に生まれたノ。

ニックネーム がくさん at 16:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 田舎の腕白(わんぱく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

あいチャンのお気に入り、琴の滝荘

進入路2


すさみの川少しさかのぼったとこに、琴
ノ滝荘ってきれいなとこあるノ。
あいチャン其処お気に入りのスポットヨ。

琴の滝荘



きれいな緑と清流でマイナスイオン一杯。

人と犬一緒に泊まれるロッジあるワ。
あいチャン地元だから泊まる必要ないワ。


でも泊まってみたいなんて気になる所ヨ。

strong>

ロッジ遠景
ロッジ1
ロッジ2

余りきれいなんで、川もあいチャンも写真
撮ってもらったノ。


川2<
あいチャン1
川3
あいチャン2
あいチャン3
あいチャン4
川4

落ち葉一杯の道帰って、最後に吊り橋。
渡らないと帰れないから、仕方なしこわご
わ足のせたノ。
橋揺れてほんと怖かった。
吊り橋



ニックネーム がくさん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする