2005年06月15日

釣りバカ

sayuritobunta3 301.jpgsayuritobunta3 495.jpgぼく、ブルドッグのよい子の、 ぶんた。

ぼくは、イタズラなんてだいきらいサ。

デモ、なぜかママさんに、いつもしかられるノ。

そして、ぼくは、もうイタズラしません、ヒトの悪口

いいません、って、天のかみさまとやくそくするノ。


海の近くに越してきて、モウ二ヶ月になるノ。  

ご主じん、ツリバリと糸と、エサをかってきて、

ぼくとさゆりネエつれて、お散歩に行くうみにいったノ。 

どうも、つりとかいうらしいノ。  

ご主じんだって、殆どやってないのに釣れるわけないヤ。

ぼくががんばらなきゃー。

釣りバカってしってる?  二つあるの。釣りキチと、

つりをしらない、釣りのバカ

その、後のほうサ。

だから、さいしょ、ぜんぜんだめサ。

うえから、ちいさいお魚、たくさん見えるのに。

エサばかりなくなって、つれないノ。

お魚の方が、かしこいみたい。

さゆりネエなんていらいらして、今にも飛び込みそうだっ

たサ。

そしたらネ、ぼくの耳の中で、えさのつけかたが、

きこえてきたノ。

だれが言ってくれたか、わからないけど、きっと

天のかみさまサ。

それから、ぼく、釣れだしたので、みなに教えたノ。

でもネ、さゆりっぺは、ぼくのこと、ドジでトンマって

いつもバカにしてるから、すなおにきけないノサ。

だから、さゆりっぺだけが釣れなかったノ。

きっと、ぼくがすなおな、わるくちのいえないよい子で、

さゆりっぺが、イケズの、こんじょワルって、

  おさかなしってたんだヨ。

アット、これは、わるくちにはいらないからネ。

だって、ぼくはいつも、ずっとひどいこといわれて

るんだからね。

   かみさまだって見のがしてくれるサ、きっと。

ニックネーム がくさん at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

大怪獣<南紀のネッシー)

sayuritobunta3 424.jpgぼく、ブルドッグのぶんた。 

ご主人は、ぼくを、世界的に知られたキャラクターに

するため、ハックルベリーに、またさゆりネエには、

赤毛のアンちゃん にするつもりらしい。

ぼくはきっと、半ズボンに、麦わらぼうしだって、

にあうと思うヨ。

デモ、さゆりネエ、ジイパンならともかく、ドレスなんて

笑っちゃうヨ。

ぼくたちの、紹介は、いずれさゆりネエに任せて、

今日は、すっご-いこと話すネ。


少しまえの夕方、今にも雨がふりそうで、まだ日没に間が

あるのに、あたりいちめん真っ暗だったノ。

風が、ビュウ-って、すごかったヨ。

体じゅう角をはやした、とてもでっかい、ソウ、お魚とり

に行くの、お舟っていったっけ、それよりまだもっと、

でっかいノ。

ソイツが、白い波しぶきを、けたてて、とつぜんおそい

かかって来そうだったノ。

ぼく、とってもこわかったサ。きっと<ネッシー>ダヨ。

デモ、ぼくは、勇気のあるおとこのこで、天のかみさま

とも、よいこにしますって、ちかいをたてているので、

ソイツとたいけつしたノ。

ご主じん、ママさん、さゆりネエをかばって、ぼくは、

ソイツに、はらの底から、ほえてやったノ。

ぼくは、さゆりネエとちがって、日ごろはほえないんダ。 

デモ本気でほえたら、低音ではらにひびくのサ。

ご主じんも、ママさんも、その場に立ちすくんで、

さゆりネエなんか、ビビッテ、ちいさくなっていたサ。

デネ、ソイツは、ぼくの死にものぐるいの勇気に、

おそれをなして、もう一歩もまえに出れなくなったのサ。  

ダカラ、いっそう力を入れてほえてやったら、もう

ソイツは、ジーっとしかできないノ。 

ソイツのことば、わからないけど、きっと モウボク

タチヲ、オソイマセン っていってたと思うヨ。

デネ、ぼくは、意気ようようと、むねをはって歩いたサ。

何たって、ぼくがみんなを救ったんダ。  

デモ、あたまにくるヨ。           



うしろで、笑いながら、ぶんたってバカネー、

コンクリートのテトラポットのかたまりに、あんなに、

真剣にほえるなんて。

せっかく、身をていして救ったのに、だれもぼくに感謝も

しないで、

ぼくってきっと、

不幸せの星のもとに生まれているんだ

ニックネーム がくさん at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする