2005年08月20日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 和歌山朝日夕日百景稲積島

DSC01228.JPGDSC01227.JPGDSC01415.JPGDSC02647.JPG毎日、お散歩の海辺きてたけど、気が付かなかっ

たノ。

ステンレス製の格好のいいモニュメント、和歌山

百選って言うぐらいだから、百作ったらしいワ。

はまべのちゅうしゃじょうのところにあったから

それあったこと気が付いてたけど、朝日夕日百選

て気がつかなかったノ・

でもここすさみ八景の一つだし夕日きれいなこと

分ってたワ。

モニュメントと夕日の写真、好いの探してだすワ。

ニックネーム がくさん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 エビとカニの水族館

DSC02609.JPGDSC02617.JPGDSC02616.JPGDSC02612.JPGDSC02610.JPGDSC02609.JPGさゆりちゃん、地域の情報の発信しだしてるノ。

すさみより串本よりに10分ほどいったとこにあ

る童謡の公園、今まで何回か行ったことある、き

れいなとこヨ。

その公園から、海すばらしい眺めナノ。

いつもそこの写真とって帰ってたけど、、そこの

少し高いとこに、日本一小さいエビとカニの水族館

あって、そこ行ってきたノ。

今さゆりちゃん、川のエビ飼ってて、ぶんた海辺の

カニ飼ってるから、水族館エサ何使ってるか、興味

あったノ。

さゆりちゃん今のとこ、ホテイアオイと川の藻や、

ぼうふら、すくった中に入ってたから、他何もや

ってないノ。

水族館、自慢してるだけあって、ホント小さいワ。

大きなカニ、エビ有ったけど、ガラスの中にいる

ので、そんなもの見ても面白くなかったワ。

でも触ってもいいですってとこ有って、さゆりち

ゃん興味しんしんだったのに、ご主人、さっさと

そこ通り過ぎようとするから、抵抗したけど、

全然無だな抵抗だったワ。

でもぶんたはゆっくり見せて貰ってたノ。

すごい差別。

ぶんたの、みつけた変なお魚、ぶんたの期待に

反して、どうもイモリだった見たいヨ。

サンショウウオだったらってみんな思って

たから、がっかりだワ。

エサの件、エビもカニもイカなんだって。イカならさゆりチャンだってグーヨ。

ここ涼しいし、外も景色いいし、すさみ八景

の一つになってるノ。

ぶんたもここならこれるから、またちょくち

ょく来たいワ。

ナノバブルの件でここ、これからも来る事に成り

そうだって、ご主人言ってたワ。


写真 左上 川のカニ
   右上 水族館から見た海
   左中 エビとカニの水族館
   右中 イモリ
   左下 ぶんた 
   右下 さゆり
ニックネーム がくさん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 佐本の柱松

DSC02600.JPGDSC02598.JPGDSC02582.JPGDSC02578.JPG さゆりちゃん、珍しい、お盆の行事報告するワ。

それ、すさみ町から20キロ以上はなれた、北部

の山のなか、佐本川の中なの。

途中、一車線の曲がりくねった道あって、前後、

二車線のいい道、有るだけに落差がきつい。

川の中の岸辺の所に、20メーターのはしらと

13メーターのぶんと二本。

低いほうが子供用、高いのが大人用。

それぞれ、先に、鳥の巣のようなわらでつくった

物がついて、そこに火のついた松明、投げ込んで

燃やし、中の花火に火がついたらおしまいって、

かんたんなルールなノ。

雨でぬれたためか、松明、わらの中落ち込んでる

のに、なかなか火付きが悪いノ。

MBSTVと紀伊民報、取材に来てたから、いい

とこ見せたいから、主催の人きっとあせったと思

うワ。

さゆりちゃん、勘鋭いから、そのへんのこと、す

ごく理解できるワ。


この行事200年も前から続いてるらしいノ、

最後火が回って、木を倒して終わったワ。

このあと精霊流しすることなってたけど、川

小さいし、すさみの湾の大掛かりな、精霊流

し見てたから、見ずにかえったノ。



写真 左上 大きいほうの柱松、倒した所
   右上 松明投げ込んでいる所
   左下 小さいほうの柱松、松明入れる所
   右下 大小の柱松
ニックネーム がくさん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 花火大会

DSC02524.JPGDSC02553.JPGDSC02497.JPGDSC02482.JPGさゆりちゃん15日のお盆のこと話すワ。

夜になってから、海辺に行ったら、精霊ながしの

ふねが、10ソウ以上浜辺、集まっていて、提灯

10ほど各船に乗っていて、へさきにわ、たいま

つが、こうこうとともり、2メーターぐらいの

見事に見える船体、照らされてるノ。

それを10人ばかりの人で、湾内に浮かべ少し

沖に出たとこで戻ってくるノ。

精霊流しに使った船、翌朝。燃やすんだって。

いっそ、ぶんた乗せて、沖に流したら、きっと

面白いのにね。

ぶんた、知り合いの神さんいるから、きっと

助かるかも知れないけど、どんなたすかりかた

するか、興味あると思わない?

その後花火大会になったノ。

浜辺の階段の所に座って大勢の人、のこって

見てたワ。

さゆりちゃん打ち上げ花火、口でうまく説明

できないワ。写真で見てネ。

都会で見るほどたくさん打ち上げなかったけ

ど、混雑の仕方が、まったくちがって、ゆっ

たり見れて、かえって良かったワ。

海辺、すごく涼しい風吹いてて、もう夏の

終わりが近づいたかと思わせるワ。

ニックネーム がくさん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 すさみの海水浴場

DSC02345.JPGDSC02327.JPGDSC02330.JPGDSC02335.JPGさゆりちゃん、お散歩の時いつもお世話にな

ってる海べのこと話すネ。

やっぱり、きのう、今日と、お盆で帰ってる

人ヤ、近隣の人が出かけてきたりで、いつも

より賑わってるノ。

ビーチパラソル、色とりどりのテントなどが

立てられて、華やかなの。

でも、これだけの砂浜もってる浜辺にしたら、

残念ながら、寂しすぎるし、もったいなさす

ぎるって、さゆりチャンだって思うワ。

白浜の白良浜、芋のこ洗うほどの混雑って言っ

てたワ。

でも芋の子洗うほどの混雑、さゆりちゃん

芋の子洗ってるとこみたことないから、どん

なか分からないけど、でも、きっともっと人

いるって思うワ。

この浜辺、ずいぶんせいびするのに、お金か

かったから、人たくさんきたら汚したり、た

くさんごみ置いてくから、人こないほうが、

追加のお金少ないから、いいのかもネ。

すさみ川の湾の出口のとこに、防波堤あって

川から流れてきたの湾内にたまって、重いの

沈んで、ヘドロになり、ういてるの、浜辺に

打ち上げられるノ。

打ち上げられた藻。きくづ、ごみボランティ

ヤーの人たち、片付けてるノ。

でも人くるの少なかったら、だんだんやる気

失せるんじゃないかしら。

すさみ川、もっと清流にして、天然の。鮎、

ウナギふやして、そして好い水、海に流して

藻や、貝、魚増やして、ヘドロなくす努力し

たら、海くる人もっともっと増えるのにネ。


とにかく、さゆりちゃん、そんなこと考える

ぐらい、浜辺、きれいでお金かかってるノ。

ニックネーム がくさん at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 伊古木

sayuritobunnta9 108.jpgDSC02117.JPGsayuritobunnta9 099.jpgsayuritobunnta9 103.jpgsayuritobunnta9 101.jpgさゆりちゃん、まえ黒潮台のハインツ・ピオル

コフスキーさんちのしょうかいしたけど、今日

黒潮台の反対に少し走った、隣町の日置川町の

すぐ近く、伊古木ってとこ紹介するワ。

42号線から外れてすぐのとこだけど、42号

線しか走らなかったら気がつかないノ。

写真見てもらえば、さゆりちゃん、何いいたい

か、分かってもらえてヨ。

景色すごいとこだけど、釣りする人もっともっと

おすすめと思うワ。

磯釣りの人向きのいわ沢山ありそうヨ。

さゆりちゃんまだ釣りあまりしないから,どれが

良くって、どの岩ダメか分からないノ。

そのうち分かってお話できると思うワ。

だって、さゆりちゃん、すさみのお散歩の海べ

、お魚見つかるの、死んだのばかり。

生きたピチピチしたのやっぱり釣って、おなか

満腹にして上げたいノ。お口もきっと喜ぶワ。

ぶんた、食べないうちから、満腹みたいなお腹

だけど、さゆりちゃん幾らでも食べれそうヨ。

岩の上ビーチパラソル持ち込んで、釣ってる人

もいたワ。

さゆりちゃんもぶんたも暑いの弱いから、釣り

来るときママさんに買ってもらわないとネ。

でもこの町たった五分も走るだけで、こんなとこ

これるなんてすごいと思わない?

さゆりちゃんはやく釣り習って、ぶんたみたいな

お腹になってみたいワ。

ニックネーム がくさん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 ドイツ人のハインツさん

DSC02117.JPGDSC02120.JPGDSC02127.JPGDSC02126.JPGDSC02109.JPGDSC02109.JPGこの前、商工会の人に聞いてた、ハインツさんの

家に行ったノ。

そこ、周参見から五分か、十分ぐらいで、黒潮台

って別荘地のなかなノ。

管理人さんにハインツさんのとこ聞いたら、案内

してくれたノ。

その別荘地、700区画も有るけど。つかってい

るの、50ぐらいらしいワ。

ハインツさん元東ドイツで、ベルリンの壁、車で

逃げたけいけんあるそうヨ。

日本に来て30年だって。

さいしょ神戸にいて、繊維機械の技術者してたん

だって。

いえの中にアトリエあって、死んだ奥さんのかい

た絵、4枚おいてあったワ。

ハインツさん、脳梗塞のため、右半身、うごかす

のたいへんみたい。

ハインツさんの家の窓から、海が見えるノ。

ハインツさん、どうしてすさみ町の、黒潮台、

選んだんですかって聞いたら、色々探したんで

すって。

淡路島や、四国、御坊、田辺ときて、さいごに

すさみに来たらしいノ。

条件は、海と山ですって。

脳梗塞するまで冬でもウエットスーツ着て、

一キロぐらい泳いでたそうヨ。

ハインツさんの家から、細い獣道、海まで

あるんだって。

すさみの海中ポスト、の改造もしたり、

役場や、郵便局にあるすさみの絵も、ハインツ

さんかいたんだって。

もう70歳、すさみに来て30年近くなるそう

ヨ。

昔、ハインツさんのでてる雑誌、見せてもらっ

たけど、やはり海と山にこだわってたこと書

いてあったワ。

でもハインツさん言ってるとうり、すさみ

山、海があって、おまけに、きれいな川まで

有って最高って思うワ。

黒潮台も自然がいっぱいで、もともと、サラ

リーマンでも買えるよう安い設定になってる

らしいノ。

でももう少しヒト来てもらえたほうが、いいと

思うワ。

これからも、ちょくちょく来て見ようっと。

ニックネーム がくさん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 太間川

DSC01993.JPGDSC01984.JPGDSC01982.JPGDSC01964.JPG今朝、すさみ川に行って、こエビ取ったノ。

そここの前、さゆりちゃん、川はまったとこなの。

相変わらず、水冷たくって、気持ち良かったワ。

ここで取ったエビ、水が冷たくないと生きれない

のか、生き残ったの少しだけなノ。

それでネ、今回は、赤塚のFFCパイロゲンのきしゃ

くえき入れたら生き残るの増えるか実験するノ。

それで、その小さいとうめいなエビすくったノ。

大きくなったら、ふやして食べれるかもしれな

いから、こんどは、すごくたのしみなの。

さゆりちゃんのお口とおなか、今からワクワク

してるノ。

帰りに、太間川のほう見に行ったら、こちらの

方が、さゆりちゃん向きヨ。

鮎や、ハヤ泳いでるのみえるの。

こちらの方がまだ川小さいからとり易いって

思えるワ。

そしたらネ、ゴム長の長いのはいて、アミと

オモリのついた広げれる長いアミ持った人、

アミ広げて水の一部囲ったら、その中鮎は

いって、アミにかかってとれたの。

あれなら、さゆりちゃんも鮎取りの名人

なって、おいしい物でおなかいっぱいに

なりたいワ。

でもこれって楽しみだけど、すさみの川

日本一の清流
取り戻せたら、もっともっと

すごいこと起こるかもネ。

ニックネーム がくさん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 すさみ川

sayuritobunnta5 101.jpgsayuritobunnta4 121.jpgsayuritobunnta4 080.jpgsayuritobunnta4 080.jpgさゆりちゃん,今日とってもいいこというわネ。

ご主人この前から、商工会の、指導員の人と、

色々話し合ってたみたいナノ。

魚をもっと売れるように、ホームページ作る

相談みたい。でもその人、じゅうぶん自分で

ホームページで来て、町の人に作り方教えたり

作ってあげたりしてるみたい。

でもうちのご主人、ホームページだけ作ったって

誰がみて買ってくれるか、頭ひねってたノ。

いままで、イノブタや、ケンケンかつお、決定

的な、たとえば、関さば関あじや、下関のフグの

用にブランドになっていないもの。

釣りだって一部の人、すさみの名前よくしってても

前ほどつれなくなったら、じりひんになるもんネ。

だから日本中の人がすさみのこと知ってるような、

なにかを作るか、見つけ出さないとこの町、良く

ならないかもしれないって考えてたみたい。

それで、この前から何があれば、すさみの名前売

れて、魚や、みかんのホームページ、こうかがで

るか、ベンチャーの経験生かして考えてたノ。

さゆりちゃんも考えるの手伝おうってしたけど、

ぶんた、さゆりちゃんの周り、うろうろして、考

える、じゃましてたノ。

でもこのまえさゆりちゃんはまった川のこと思い出

してたら、ご主人すごいこと考え付いたノ。

皆さん四万十川って知ってる? 誰でも知ってるわネ。

日本の最後の清流って言われてるらしいワ。

四万十よりきれいなすさみ川っていえたら日本の人あ

らかたすさみの名前知ってくれるはずだワ。

すさみ川、日本一の清流化プロジェクトヨ

出来たらプロジェクトXにでるかもネ。

川きれいにするのっていくつか方法あるみたいだけど、

町のひと皆が協力しないと出来ないと思うワ。

でもその代わり、農業の産品、日本一の川の水、使って

るってなったら、どうなるとおもう?

川だって天然のウナギ増えたら、すさみに来た人

それ食べれたら喜ぶし、海だってきれいで、栄養

分の多い水流れ込んだら、さかなや、えびふえるっ

ておもわない?

成功したら、環境対策のいい事例になるかもネ。

さゆりちゃんすさみの生活、よけい楽しみ出来たワ。

ぶんたにもこのこと教えるわネ。



ニックネーム がくさん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

田舎暮し・さゆりの田舎の情報 ビッグユー2

sayuritobunnta9 138.jpgsayuritobunnta9 132.jpgsayuritobunnta9 124.jpgこのまえさゆりちゃん、ビッグユーのこと、お話

したけど、そこで、インターネット市民講座って

あって、そのことお話しするワ。

さいしょ富山にうまれたんだって。

そして高知の大方町も。

さゆりちゃん、和歌山来る前、大方町で家、見つ

かってたら、和歌山こなかったかもしれないと

思ったら本当に不思議だワ。

和歌山の市民塾の講座、熊の古道の紹介や、南部

の梅干作り、高齢者登山とか、けっこうユニーク

なないようなノ。

これ開いた目的、講座受けるだけでなく、講座開

いてくれる人の発掘もあるみたい。

ご主人、発明や開発いろいろしてるから、なんか

地域の役立つことすればって思うワ。

でもさゆりちゃんてきには、琵琶湖縦に泳いだり

日刊海峡泳ぎに行ったり、24時間何回も泳いだ

りしたことあるし、上級指導員持ってるし、遠泳

の講座持てばって思うけど、そんなしんどいこと

する人いないかもネ。

そしたら、鳥人間コンテストっていいじゃない。

さゆりちゃんもぶんたも応援に行ったことあるワ。

彦根の水泳場、きれいな飛行機いっぱい並んでた

ワ。 中には、地域おこしで、町や村の若い人、

地域の特色つかって、出場してたノ。

必ず飛ぶってことならなかったけど、皆一つに

なって、協力してたの、楽しそうだったワ。

ぶんた、あまり暑いのでそこで泳いでたワ。

それなのに、いま海では、全然泳ごうとし

ないノ。

さゆりちゃんそんな話より本当は、マス寿司

の方がきょうみあったワ。

わざわざ富山から昼食に取り寄せたんだって。

さゆりちゃん、ふつう昼食とらないから、ご

主人皆食べちゃたノ。

ご主人、食い物の恨みは恐ろしい  ってことば、

きっと知らないんだワ。

あっ、それから、建物の外、いかにも近代建

築だけど、中はけっこう和歌山の木、床やか

いだんに使ってたノ。

図書館もあってご主人なんか、借りてたみた

いだけど、マス寿司食い損なったから、何か

りてたか、興味もなかったワ。

帰ったら、うみべであさりさん見つけよう

ット。

ニックネーム がくさん at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする