2010年03月08日

熊野古道・ブル共、3月(10年)、桜

桜満開

こちらでも桜の開花である、と言うよりすでに満開。

2010-03-06 畑 桜019(2).JPG

ところがワンコ共と来たら、桜が咲こうが散ろうがもう一つのようである。

今までも折角の桜なんて思ってわざわざドライブ連れて行っても、「綺麗なもの見せてもらいました、身も心もさっぱりしました。」なんて具合に礼をいわれたことがない。

当地大阪に比べて暖かい、何せ本州最南端の串本町とは距離的には35キロほどあるが緯度からいえばそう大して変わることが無い。

それに何と言っても黒潮が近くを流れているゆえ海水温が本流ほどは無くとも高い、多分今でも17・8度はあるように思う。

といって夏になってもプールのように水温30度なんて事は金輪際ない。

だから夏は大阪より気温低くて冬は高い、少なくとも3度程度は差があるようだ。

ところがこの程度の温度差では、当方のブル共暑さ寒さに弱いせいかちっとも喜ばない。

特に寒さより暑さにはからきし駄目で、人間様のほうが余程対候性があって安物にできているようである。

越してきた翌年オスのブンタ熱中症で死なせたほどである。

そんな当地でも、流石にまだまだ吉野桜が咲き出したなんてことは聞かない。

ところが近くの線路際の桜が満開迎えている。

もっと早くから咲いていたかも知れぬ、見落としていたようだ。

寒桜か河津桜か、余り詳しくは無いから分らぬが、花の色が濃く無いから寒桜か?

桜の開花の対象の吉野桜は、まだまだ丸裸同然。

2010-03-06 畑 桜021(1).JPG

こちらはまだまだ先のようだ。

ニックネーム がくさん at 19:39| Comment(5) | TrackBack(3) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

熊野古道・ブル共、1月(10年)、強風

ブル共と強風の浜辺

当地すさみの風の強さは先刻承知だが、それでも気になるほど、暮れから新年にかけて断続的に強風。

裏山木々がザワザワ音を出すのがワンコに堪えるようである。

強風注意報や警報が交代で出て、中々お終いがこない。

大体ワンコの散歩、雨が降ろうが風が出ようがほぼ変わりがない。

先ず海水浴場まで道路を歩く、100m足らずだから目と鼻の先といっても良かろう。

すぐに波止で囲われた海、そこが小さな湾になっている。

湾内、元々漁港で、道路がぶつかったあたりが駐車場になっていてその下が海水浴場になっている。

駐車場のところに、県内100選の夕日の名所の碑が立っている。

P1010010.JPG

その浜辺の、波打ち際を250mほど端まで歩くと、すさみ川に行き当たる。

ワンコ共そうそうまっすぐには歩いてくれない殻250メートルとは行かない。。

そこから上がって芝生の公園を砂浜に沿って戻り、再度道路を引き返す。

3匹を3回同じコースを、朝夕繰り返す、大体万歩計で8千歩程度にはなる。

中にはショートカットしてさっさと切り上げようとするのがいたりするから、そんなときは6千歩担ったり7千歩になったりする。

その間排泄したのをカタズケながらだから矢張り朝晩各45分から小1時間かかることになる。

風がとてもきついと砂浜の砂が舞い上がって、とても前に目を開けて進めないから、そのような時は砂浜あきらめて芝生も公園を散歩となる。

今回、その芝生でさえしたの浜辺の砂が飛んできて酷いことであった。

おかげで芝生まで砂だらけ、途中の階段も段がなくなったようである。。

日々見かけているから気付かないが、相当浜辺の砂 浜から芝生に引越ししている。

港湾整備のときに補助金が出て砂を買い込んだ。

もし個人が自分の庭に入れた砂なら大いに悔やむことだろうが、町が只で手に入れた砂とて気にもならない。


白浜のように減った分補充と成ると、こちらのように人ごとのようにしておくわけには行かぬ。

当地の財政事情は、白浜当地と合併したら貧乏移ると認識するほどで合併話破談したほど。

それゆえ、補充なんて言葉最初から辞書に無い、減ったら減ったとき元よりましなのである。

浜辺と芝生のさかいの階段、相当砂が吹き寄せられ階段がなくてスロープになっているほど。

P1010003.JPG

この砂が費用かかっているわけで、札束として転がっていれば皆さん目の色変わることだろう。

其れが餌でおいてあれば、ワンコ共だって放ってはおかぬ。




ニックネーム がくさん at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

南紀すさみの10月、ブッチョと藻屑ガニ

藻屑ガニ漁開始

俺の名はブッチョ。
正式にはふさえちゃんとか太田房江って云うの。
ほんとメスだから私かあたいが良いのかも知れないけどや
っぱりオレ。
ブッチョ
生理あったから本とにメスさ。
7か月の子ブルであったから皆驚いてたサ、やっぱり並みの
子ブルじゃ無いって。

そろそろ今年も藻屑ガニ獲る季節がやってきたってご主人張
りきってる。
地元ではすでに9月の中頃には始まっていたようなノ。
餌にするアラ、アジをつかっているの、去年ほど今年は釣
りに行かなかったから、
カニ用のアラ出来なくて、ご主人藻屑ガニ漁行けなかった
らしいンダ。 


藻屑ガニ、上海ガニほど美味しいか分らない上、値段張る
訳でもない。
なんせ上海ガニの親類筋に当たるので茹でるだけで結構い
けるし、大阪生まれのご主人まず珍しさが先に立つ見たい
で目の色変わってるサ。

日ごろトレトレの魚以外あまり贅沢してないから、皿に山
盛りに積み上げたカニを食べるのは、一寸した贅沢な筈
サ。

でも俺たちワンコはエビやカニ食ったらダメって本に書く
馬鹿いるもんだから、ご主人それほどでないけどママさん
頑として食わせてくれない。
沢山捕れたら、人におすそわけするのにサ。

去年使ったカニ篭相当痛んでいるので、ご主人、取り敢え
ず2つほど新しいの買ってきた。
カニ篭1

先日、カニ篭仕掛ける川見に行ってきたら、カニの通り道
に良さそうな所すでに仕掛けが仕掛けられているらしいん
ダ。

藻屑ガニ秋に繁殖のため海に帰るので上流から下ってくる
ノ。
それを狙ってカニ篭仕掛けるから、うまく通り道に合えば
、どっさり入ってくれるらしいんダ。。

去年1番多い時、37匹だって、大体4・5匹入っていたらご主
人良しと云うらしい。


釣りのように、自称先生沢山いて分らんこと教えて貰いな
がら覚えてじゃないから
カニ篭の標準的成績はわからぬとご主人嘯いてるんダ。。

しかし今年去年ほど釣りに行ってないし行っても去年ほど
釣れてくれないので、これから波止釣りの回数増やさなけ
れば行けなくなってご主人ソワソワ。。

釣れないと云っても夫婦2人分と、ドッグフーヅがメインの
俺たちワンコの少々追加でいる程度だから、そう苦労はし
ない筈サ。
アジ1アジ2

でもカニ篭に仕掛ける分のアラ考えると少々足りないらし
いんダ。
子アジで15から20匹。

だからカニ食べるとなると、釣りたての小アジも多めに食
べることになるから、
本とはこれも少々の贅沢サ。
カニは頑として貰えないが、魚は少々食べれるんダ。
ホント、トレトレの魚一度食ったら病みつきになるサ。

カニ篭仕掛けたところ、流れの曲がり鼻で、非常に水のき
れいな所で、緋鯉も4・5匹悠然と泳いでいる。
余り大きいから見ても食欲わかないんダ。
仕掛け場所緋鯉
捕獲って云えば積極的に何らかの方法で獲りに行くけど、
只カニの通り道に、カニ篭仕掛けておくだけだから大した
ことないサ。


餌だけ入れて、後はほったらかしで、繁殖のために海をめ
ざす、藻屑ガニの通り道に仕掛けた事を信じるだけだって
サ。


昨日仕掛け入れた場所でカニ篭ひきあげて見たんダ。
カニ篭2

今回なんと大小取り混ぜて22匹も入っており、運良くカニ
の通り道に仕掛けられたみたいサ。

ご主人急いて回収しようとして親指カニのハサミに挟まれ
て名誉の負傷、血がでている。

砂浜に居るスガニと大違い。

一つめで大漁、二つ目、収穫ゼロ。

何はともあれ初日から良い捕獲漁で、これからも期待でき
そうでご主人ご機嫌サ。
泥吐きださす為、タライの中に入れておいた奴、ガサゴソ
ガサゴソ忙しく動き回ってるの見てたら、ホントあきない
んダ。
タライのカニブッチョとカニ
2日目も、昨日0の方4匹、22匹の方まったく偶然、22匹と計
26匹も入っててご主人ニコニコ顔。

昨日の分泥吐かせておいたので早速塩茹で。
赤く茹であがったカニどもにお目にかかることになったが
、矢張り初物は格別って夫婦で食べながら、俺たちには、
カニくれずにウインナーで胡麻かすんダ。
茹でガニ茹でガニ2
ここ当分贅沢続きそうでイイナァー。。

ブッチョメスオスの見分け方教えて貰ったんダ。
それはね、おなかの方むけて、左がメス、右がオス、
違い分かる?
メスガニオスガニ
尚3日目も片側だけで28匹、もう一つゼロ。


ニックネーム がくさん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(8) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

ふーチャンの天然名水、富田の水

天然名水、富田の水

富田の水って知ってます?
ふーチャン水飲んだこと書くワ。

ふーチャンまだ小さいから知らない言葉多
いから、ご主人の又聞き。

こちらに来て初めて知ったんですが、すさ
みの水だって結構いけるんで今まで飲んだ
ことなかったんです。

それにすさみの温泉って云うより冷泉、ご
飯炊いたりコーヒー沸かしたり、煮炊きも
んに使えて、風呂に入るのだけが用途じゃ
なかったので、富田の水まで手が回らなか
ったのが実情。

たまたまホームセンターでポリタンク買っ
て乗っけてた時に、富田の水への標識見つ
けて、汲みに行く気になったんです。

42号線から2.5キロほど行ったきれいな小
川沿いにありました。

風景1
風景2

地下290メートルから汲み上げていていて
10リッター100円。

水くみ場1
参加者2

椿の温泉100リッター100円。
ちなみにすさみの温泉汲むのタダ。

でもミネラルウオーター1リッター200や300
円考えたら安いのか。

実際に20リッター容器つきで2本では送料と
もで3000円ほどしてるようだから容器持っ
て汲みに行くとべらぼうに安くつく。

でも水より温泉の方が安いって複雑な感じ。

但し今まで我が家では、料理やコーヒーに
温泉使っていたけど、目下すべて富田の水
にいれかわり。

モンドセレクションって云う外国の賞、そ
れも5年連続金賞というのに、すさみの水
道水よりまずかったらシャレにならない。
ってご主人の言葉。

ふーチャンすさみの水道水と富田の水入れ
たノと二つ容器目の前に置かれたノ。
勿論、富田の水しか飲まなかったから、こ
んな小さい子ブルでもわかるんだって不思
議がってたワ。

でもそれってよほど子ブル馬鹿にしてるっ
て思わない?
ふーチャン、美味しいもんはやっぱり美味
しいんだからネ。

ニックネーム がくさん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

あいチャンの砂嵐

あいチャンと砂浜あいチャンと砂浜2強風あいチャン風紋
あいチャンいつもの砂浜、散歩につれて
いかれたノ。

ひどい風昨日で終わりかと思っていたら、
相変わらず吹きまくって、砂浜の足跡きれ
いにきえていたワ。

舞い上がった砂塵、上の芝生のところでも
叩きつけられ、目にも飛び込んでくるほど
で細めにしてたワ。

あいチャンそれでも砂浜すきなので入って
いくノでご主人驚いてたノ。
ゆりチャンの時、砂浜に行かなかったそう
ヨ。
姿勢が低いから目に砂入ってるはずなのに
あまり気にする風もないってご主人、あい
チャンにビックリ。

足跡の何もない所に自分の足跡付けるのっ
て面白いワ。

あいチャンの付けた足跡以外風の付けた
風紋しかないノ。

その足跡も見る間に砂で消えていくワ。

ご主人砂漠の砂嵐のミニチュア版見てるよ
うだそうヨ。
昔イランやパキスタンの砂漠行ったことあ
るらしいノ。

ニックネーム がくさん at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

椿温泉の足湯と野猿

椿の足湯看板山並み足湯野猿あいチャン、椿温泉の足湯と野猿

ご主人出掛けたついでに、最近できた足湯
に寄ってみたノ
あいチャンも一緒。

なんでも昔、椿温泉が湯治湯としてもては
やされてた頃、大阪の人が湯治にきて一命
を取り留め、恩義に感じていたらしいノ。

最近の椿温泉の凋落を憂い、何とか力にな
りたいと一千万を寄付したんだって。。

そのお金で足湯が出来たらしいワ。

寄った時は地元の人が5人ほど足湯に浸か
っていたノ。何んとものんびりした光景。

ズボンの裾をまくるだけで温泉に浸かれる
から何とも手軽であるってご主人。
あいチャンちょっと深いからやめにしたワ。
山手を見ると、野猿が群れになって移動中。

この点が白浜に比べて椿の良いところで、
野趣あふれるところヨ。

ご主人カメラに撮ってたが、かろうじて識別
できる程度にしか写ってなかったワ。

ニックネーム がくさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

ゆりチャンのアサリ拾い

砂浜と稲積島砂浜アサリとゆりアサリ
3日のイノブタ建国祭の催しの一つ、潮干
狩り。
ゆりチャン見に行ったとき人いっぱい。

沢山の人取りまくっていたから、もう貝何
も残っていないと思っていたワ。
それに4日5日も海に入って底引っかき回
していたし。

でも昨日さんぽに砂浜いったとき、浪打際
に貝転がっていて、ごちそうさん。

あいチャンも見つけて食べてたワ。

なんとあの時のアサリ、浪打際に打ち上げら
れて、底引っかき回さなくても、砂の上にい
るノ。

以前さゆりネエ、アサリ見つけて食いすぎて、
あとで下痢するほど食べたそうよ

ご主人も吸い物にできる程度にゲッ ト。

これを残り福というんダワ。

ニックネーム がくさん at 21:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

白ちゃんって渡り鳥じゃないの?

DSC02456.JPGDSC02455.JPGDSC02454.JPG
さゆりちゃん、白ちゃんのこと前書いたけど、しばらく
見なかったノ。
デモ先週からちょくちょく見かけるノ。
白鳥って渡り鳥だからてっきり北に帰ってしまったと
ばかり思っていたノ。

今日は川の河口にいたけど、2・3日まえ、ご主人、釣
してる波止のすぐ近くまで来て何してるのかナって
覗いたりしてたから、ご主人白鳥釣ってしまわないか
本気で心配したみたい。

きっと白鳥調釣ってるいたずら親父がいて、折角えさや
って大事にする人がいるのに、魚釣れない腹いせに白鳥
釣るような酷いことしてるって新聞に書かれるかもネ。

だから白ちゃん近ずいたら、竿上げて間違っても食いつ
かないようにしなくちゃいけなかったノ。

デモ、マスコミ正義のみかたみたいな顔してるけど本当に
自分の意見もって、本質見て記事かいてる人ってきっと
少ないって、ご主人過去の経験から、いってるワ。

実は白鳥元々2匹いたのに、あるとき新聞記者、白鳥飛び
立つ写真、撮りたくて、石投げるような無茶苦茶な事して
それから1匹になったって、船の船頭さん言ってたワ。

きっと当てるつもり無かったけど、マンが悪くて当たった
かもネ。

だから白ちゃん1羽だけ、デモよく黒い鵜と一緒にいること
多いノきっと寂しいからからかも。

さゆりちゃん泳ぎ上手かったら、一緒に遊ぶのにネ

ニックネーム がくさん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(3) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 いたちごっこ

DSC02136.JPGDSC02133.JPG

先月の大雨で荒れた砂浜、イノブタ建国祭の
お陰できれいになったノ。

でもそのため凄い労力が要ったワ。

そうしてやっと見違えるほどに砂浜もどった
のに、ここしばらく降った雨で、また砂浜、
雑草や木切れの山。

さゆりちゃんいつも朝行ってる川原、雑草
ガ酷くなったナアって思っていたら、草刈機
できれいに散髪したみたいになってたワ。

でもその雑草の刈ったの川原にホッタラカシ
だから次に大雨来たら湾内また病葉、木切れ
の山。

砂浜きれいになったら、また汚れての繰り返し
これイタチゴッコって言うんだって。
でもイタチ聞いたら気悪くするワ。

さゆりちゃんイタチに生まれなくって良かった。

ニックネーム がくさん at 11:01| Comment(0) | TrackBack(4) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

田舎暮し さゆりの田舎の情報 大荒れの浜辺

DSC01709.JPGDSC01707.JPGDSC01706.JPG
ちょっと前雨降り続いたこと書くワ。
さゆりちゃん、前ほど行かなくなったけど、浜辺
凄いことなってしまったノ。
大雨で川、増水して山のほうから木切れ、病葉や、
ゴミ、凄く沢山流れ出したノ。
一昨年の大きな台風いらいできょねん1ねんぶん
流したもんだから、全部湾内に流れて、それが浜辺
に打ち上げられて、浜辺一面ゴミの山。
ご主人ボランティアーで掃除の手伝いに行ったから
さゆりちゃんもついていったノ。

そしたら浜辺すぐきれいになるとおもって見ていた
けど多すぎて中々。

ゴミと一緒に流されたらしくって、かえるが沢さん
浜辺にいて、砂の上ぴょんぴょんとんでいたワ。
カエルはいいけど蛇はいやだったワ。
小さかったから怖くは無かったけど、なんか気持ち
悪くって、障る気なんかなれなくってヨ。

それと前ご主人飼ってたサンショオウオ会森みたい
なのもいたノ。
でもこんどのやつお腹見たら嫌な赤色してたから、
きっとイモリと思うワ。

もっとあったかくなっていたら、マムシが流される
かもしれないって思ったらイヤーナ感じがしたワ。

ニックネーム がくさん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする